kihiro日記

漫画の奮闘&日常ブログ

漫画のジャンル

漫画のジャンルは、人によって読みたい物は全然違います。

もちろん、書き手の方もまず何が描きたいか・・何を伝えたいかが明確でなければ、

ジャンルは成立せず作品制作は成り立ちません。

 

漫画制作に慣れてない方でたまにいらっしゃるのが、プロットやキャラ制作で満足してしまい、漫画の設計図であるネームまで到達しない方です。

多分ですが・・そう言う方は、何を描きたいか何を表現したいかが明確でないため、ジャンルが定まらず、キャラの設定で時間をかけ過ぎたせいで煮詰まってしまい、ネームまで到達しない場合が多いようです。

 

私の場合ですが、初めにジャンルや描きたい事をある程度決め、後はネームで調整する事が多いですね。最近はプロットだけで、いきなりネームのパターン多いです。

ジャンルが決まれば極力構成に力を入れてます。

・・と言うのも、無駄にキャラ設定していると疲れますし←(本音)、ネームを描いてる段階で設定や色々な事が変わってきたり変更したりするので、結局始めに力を入れても設定通りに行かない事が多いですからね。(苦笑)

 

これはあくまで私の例なので、決してこれが良いとは言えませんが・・、

悩んでる方、ぜひ参考にして下されば良いかと思います(^^)