読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kihiro日記

漫画の奮闘&日常ブログ

漫画偏 プロットの手抜は・・

漫画偏です。題の内容は後で説明します。

 

漫画は担当の編集さんが付いてから、本格的に仕事に近づいていきます。

編集が付いたからと言って、すぐに収入に結びつく訳ではないので、注意が必要です。

そこが、イラストと漫画の違いが大きく見られる要素なのですが・・

 

イラスト=即戦力

漫画=育ててもらう 

ですかね・・?

私の経験なので、全てがそうでは無いでしょうが・・大体こんな感じじゃないでしょうか?

 

イラストは絵のみの技術を要するので、デッサン力や着色、構図等の絵に関する総合と、要望に対応出来る順応力が求められます。

 

漫画の場合、絵が上手いだけでは通用しません。

もちろん、絵は大事ですが・・。

漫画は総合評価で、ストーリー、絵、構図、展開・・など色々な視点から見ます。

 

ですので、読み手によって伝わり方が違う分、非常にシビアになるでしょう。

・・ですが、絵が下手な方でも付け入る隙があるので、諦めず頑張って行ける利点もあるのですね。(^^;

 

私も、絵は散々編集さんに叩かれたクチなので、絵は得意では有りません。

今でも下手で申し訳ないと思ってますが・・。

 

特に私の場合は女の子描くのがホント苦手で、散々編集さんに言われたせいもあり、癖で練習がてらイラストを描いてる感じです。自信はいつも無いですよ・・。

 

また、話しは反れましたね・・。

いつも、こんな感じですね。(涙)

 

ちなみに・・担当者は非常に重要になると思うので、大事なのですが・・あまり信用し過ぎるのはお勧めしません。最終的に守ってくれる訳ではありませんので、逃げ道は自分で用意しておきましょう。

編集が蹴る時は速攻です。そんなもんですよ。(^^;

力があれば・・ですね。

 

本題のプロット手抜きですが・・

いざ担当が付くと結構適当にやってた方が上手く行く場合もあります。

私の場合、編集さんの言う事に構え 全て聞いていたため自分らしさを失い失敗した覚えが多くあります。失敗は大事ですが、この手のチャンスは多くある訳ではないので、本気でメジャーで活躍したい方は失敗しない為にも、担当に言われても作品の中に自分を残す事を心がけて下さい。

私は、それが出来ずメジャーのチャンスを逃しましたが、まだいずれ来ると思って頑張っています。

プロットの手抜きも、一長一短ですが・・担当によっても感じ方は違うので、あまり、ガチガチにならず気持ち的に ゆとりを持ってやって下さいね・・の例えです。

 

手抜きしろとはとは言いませんが、ガチガチになり自分を見失うような作品作りは楽しくないですからね。楽しく、伝えたい作品をあげるのが、一番ですね。(^^)

 

若手の方、応援しています。

どんどん、描いて前進して行きましょう!

 

私は、チョイ一休み・・。

疲れた・・。